農業用機械パーツメッキ加工履歴

【再メッキ】トラクター 平行調整用油圧シリンダーロッドの表面をメッキ再生研磨仕上げ。茨城県

二又の先端にセンター加工用に鉄板を 溶接。そして溶接後は旋盤にてロッドの両側面 にセンター加工。 両センターを芯に円筒研削盤で縦筋摩耗が 無くなるまで下研磨加工。 また下研磨で削った0.4mm分以上に硬質クロム めっきを肉盛り、再度、円筒研磨機で仕上げ 研磨を行う。 仕上がり寸法φ24.96mm 最終仕上げはサイザル仕上げまで
車パーツメッキ加工履歴

【摩耗や腐食修理】三菱ジープj53 トランスファー フランジのオイルシール部及び圧入部を肉盛りメッキ修理。山形県

硬質クロムめっきと研磨加工で再生します。 先ず、円筒研削盤にて摩耗や腐食が無くなる まで下研磨後、厚付け硬質クロームメッキを 「0.3mm」肉盛り.再度、円筒研削盤にて 規定値に仕上げる。 オイルシール部.仕上がり寸法φ39.45mm 圧入部.仕上がり寸法φ39.75mm 最終仕上げのサイザル仕上げまで行う。
建設重機油圧シリンダーメッキ加工履歴

【メッキ再生】油圧シリンダーロッドのメッキ再生研磨仕上げ。石川県

油圧シリンダーロッドの両側面に研磨 加工用の両センター加工。 両センター加工後は、円筒研削盤にて小傷や 縦筋摩耗が無くなるまで下研磨加工、また 下研磨加工で削った-0.45mm分以上に硬質 クロムメッキを肉盛り、再度、円筒研削盤で 仕上げ研磨を行う。仕上がり寸法φ84.95mm 最終仕上げは鏡面仕上げまで行う
バイクパーツメッキ加工履歴

【摩耗修理】CBX400F カムシャフトのジャーナル部を肉盛りメッキ研磨仕上げ。兵庫県

旋盤にカムシャフトを乗せ研磨加工用の センターを両側面に60度にて加工を行う。 次に、そのセンターを利用し円筒研削盤で 摩耗痕が無くなるまで下研磨加工、また下研磨 で削った-0.35〜-0.85.mm分以上に硬質クロム メッキを肉盛り、再度、円筒研削盤にてスタン ダードサイズに仕上げ研磨を行う。 仕上がり寸法φ22.99mm 最終仕上げは、全箇所ラッピング仕上げ
バイクパーツメッキ加工履歴

【摩耗修理】YAMAHA RT360 組立式クランクシャフトのベアリング部及びシール部を肉盛りメッキ研磨仕上げ。静岡県

旋盤にてクランクシャフトの両側面に 研磨加工用の両センターを加工。 両センター加工後は、円筒研削盤にて擦り傷や 摩耗が無くなるまで下研磨加工、また 下研磨加工で削った-0.15mm分以上に硬質 クロムメッキを肉盛り、再度、円筒研削盤で 仕上げ研磨を行う。 仕上がり寸法B/G部φ30 0〜0.005mm 仕上がり寸法シール部φ2998mm 最終仕上げは鏡面仕上げまで行う
バイクパーツメッキ加工履歴

【肉盛り修理】カワサキ マッハ500SS シフトフォークの機能面を肉盛りメッキバフ研磨仕上げ。愛知県

ありがとう。ネット受注♪愛知県. オートバイ部品.カワサキ. マッハ. 500SS シフトフォーク. ギヤミッション入れ替え接触部、肉盛り 修理依頼。 状態 シフトフォークの焼け及び摩耗が目視で確認 できました。手で触ると...
車パーツメッキ加工履歴

【油漏れ修理】日産サニー ブレーキキャリパーピストン硬質クロム肉盛り研磨仕上げ。徳島県

円筒研削盤にて食い込んだ陥没錆か 無くなるまで下研磨後、厚付け硬質クローム メッキを「1個は1.5mm もう1個は2mm以上」 肉盛り.再度、円筒研削盤にて規定値 (φ50.70mm)に仕上げる。 最終仕上げのサイザル仕上げまで行う
建設重機油圧シリンダーメッキ加工履歴

【再メッキ】コベルコSK20-3 油圧シリンダーロッドのメッキ再生研磨仕上げ。広島県

油圧ピストンロッドの両側面に研磨 加工用の両センター加工。 両センター加工後は、円筒研削盤にて深く食い 込んだ錆が無くなるまで下研磨加工、また 下研磨加工で削った-0.75mm分以上に硬質 クロムメッキを肉盛り、再度、円筒研削盤で 仕上げ研磨を行う。仕上がり寸法φ39.95mm 仕上がり寸法φ44.95mm 最終仕上げは鏡面仕上げまで行う
バイクパーツメッキ加工履歴

【再メッキ】リヤサスペンションロッドのメッキ再生研磨仕上げ。神奈川県

リヤサスペンションロッドの両側面に 研磨加工用の両センター加工。 両センター加工後は、円筒研削盤にて細かい 線傷等が無くなるまで下研磨加工、また 下研磨加工で削った-0.15mm分以上に硬質 クロムメッキを肉盛り、再度、円筒研削盤で 仕上げ研磨を行う。仕上がり寸法φ13.97mm 最終仕上げは鏡面仕上げまで行う
バイクパーツメッキ加工履歴

【再メッキ】ハーレーダビッドソン インナーチューブのメッキ再生研磨仕上げ。福岡県

硬質クロムメッキと研磨加工で再生します。 先ず、インナーチューブのトップに治具を ネジ込み両センター加工。そして両センター を芯に円筒研削盤にて下研磨加工、また下 研磨で削った「-0.25mm」分は、硬質クロム メッキで肉盛り、再度、円筒研削盤でSTD サイズに仕上げ研磨を行う。 仕上がり寸法φ41.25mm 最終仕上げのバフ研磨にてオイルシール挿入 口を丸めておく。これ重要。  シールを組む時に角が立っているとシール が痛むので
タイトルとURLをコピーしました