バイクパーツメッキ加工履歴

バイクパーツメッキ加工履歴

【メッキ再生】NSR250R MC28 インナーチューブの再生メッキ研磨仕上げ。千葉県

NSR250Rのインナーチューブはトップの 方に三叉が嵌るCクリップ溝があるのでメッキ 厚を考慮し旋盤でCクリップ溝を切り込んでおく。 そしてインナーチューブのトップボルトが嵌る内ネジに研磨用の治具をネジ込み、旋盤にて両センター「面取り」を60度で加工。 その両センターを芯に円筒研削盤にて縦筋摩耗が無くなるまで真円に下研磨加工、また下研磨で削った「-0.6mm」以上に硬質クロムめっきを肉盛り、再度、円筒研削盤で仕上げ研磨を行う。仕上がり寸法φ40.95mm. 最終仕上げは鏡面サイザル仕上げまで
バイクパーツメッキ加工履歴

【メッキ修理】GSX400X インナーチューブのメッキ再生研磨仕上げ。埼玉県

油圧プレス機で曲がりを0.03以内まで 伸ばします。そして旋盤にて両センター加工。 両センターを芯に円筒研削盤にて真円に 下研磨加工、また下研磨で削った「-0.45mm」 以上に硬質クロームメッキを肉盛り、再度、 円筒研削盤にて仕上げ研磨加工。 仕上がり寸法φ35.98mm 完成後の振れ±0 最終仕上げの鏡面仕上げまで行う
バイクパーツメッキ加工履歴

【メッキ修理】トライアンフ インナーチューブのめっき再生研磨仕上げ。大阪府

油圧プレス機で曲がりを0.05以内まで 伸ばします。そして旋盤にて両センター加工。 両センターを芯に円筒研削盤にて下研磨加工、 また下研磨で削った「-0.3mm.部分的に-1mm」 分以上に硬質クロームメッキを肉盛り、再度、 円筒研削盤にて仕上げ研磨加工。 仕上がり寸法φ32.99mm 完成後の振れ±0 最終仕上げの鏡面仕上げまで行う
バイクパーツメッキ加工履歴

【再メッキ】マルゾッキ リヤサスペンションロッドのメッキ再生研磨仕上げ。愛媛県

リヤサスロッドの両側面に旋盤にて 60度で両センター加工。このセンター加工は、円筒研磨加工時の真円に削る為に必要な作業です。円筒研磨で点錆をフラットになるまで下研磨加工。下研磨で削った分以上にハードクロームメッキで「0.2mm」肉盛り、再度、円筒研磨で規定寸法に研磨を施す。φ11.98mm 最終仕上げばサイザル仕上げまで
バイクパーツメッキ加工履歴

【メッキ再生】CBX400F ロッカーアームのスリッパー面を再生メッキバフ仕上げ。愛媛県

ロッカーアーム、スリッパー面の旧メッキ 層を電気分解によるメッキ剥離。また剥離後は、スリッパー面の表面をバフ研磨で整える。そしてサージェント浴にて「80μ」硬質クロムメッキ肉盛り、仕上げはバフ研摩で仕上げる
バイクパーツメッキ加工履歴

【メッキ再生】XJR400 リヤサスペンションロッドの再生メッキ研磨仕上げ。香川県

リヤサスロッドの両側面に旋盤にて 60度で両センター加工。このセンター加工 は、円筒研磨加工時の必要な作業です。 円筒研磨で点錆をフラットになるまで下研磨 加工。また下研磨で削った「0.4mm」分以上 にハードクロームメッキで肉盛り、再度、 円筒研磨で規定寸法に研磨を施す。 仕上がり寸法φ12.5-0.05 最終仕上げばサイザル仕上げまで
バイクパーツメッキ加工履歴

【クランクピン修理】CBX550F クランクシャフトの3番ピンを硬質クロム肉盛り研磨仕上げ。山梨県

クランク研削盤にてクランクシャフトの 軸受チャッキング、そして2番ピンの芯で 3番ピンを真円に下研磨加工。 下研磨で削った「-0.5mm」分以上に硬質 クロームメッキを肉盛り、再度スタンダード サイズに研磨加工。φ31.990±0.005 硬質クロームメッキを施された表面硬度は、 HV850以上を示す。 仕上げは全ヶ所ラッピング仕上げまで
バイクパーツメッキ加工履歴

【硬質クロム肉盛り】GS1000 カムシャフトのジャーナル部4ヶ所を硬質クロム研磨仕上げ。大阪府

軸受部の段付き摩耗が無くなるまで 表面を円筒研磨て下研磨加工、また下研磨 加工で削った-0.25mm分以上に硬質クローム メッキを肉盛り、再度、円筒研削盤にて スタンダードサイズに仕上げる。 仕上がり寸法φ21.650±0.005. 最終仕上は全ヶ所ラッピングまで
バイクパーツメッキ加工履歴

【肉盛り修理】CBX400F クランクシャフトの1番2番ピンを肉盛りメッキ研磨仕上げ及びアンバランス修正。茨城県

偏心軸専用のクランク研削盤で3番4番 ピンの芯で1番2番ピンを下研磨加工、また 下研磨で削った「1番ピンは-1.5mm 2番ピン は-0.6mm」以上に硬質クロムメッキを肉盛り、 再度、クランク研削盤にて3番4番ピンの芯で 1番2番ピンをスタンダードサイズに仕上げる。 仕上がり寸法φ29.995±0.005 仕上げは全ヶ所ラッピング仕上げ。 ダイナミックバランスにてアンバランス修正 まて。ゼロバランス
バイクパーツメッキ加工履歴

【メッキ肉盛り修理】CBX400F クランクシャフトの1番ピン肉盛り研磨仕上げ。静岡県

油圧プレス機で曲がりを伸ばします。 曲がり修正後は同じ高さの3番目ピンで芯だし、そしてその芯で1番ピンをアンダーカット。またアンダーカットで削った「-1mm」分以上にハードクロームメッキで肉盛り、再度、3番ピンの芯で1番ピンをSTDサイズに仕上げ 研磨加工。仕上がり寸法φ29.995±0.005 耐摩耗性の向上として全ヶ所ラッピング仕上げまで
タイトルとURLをコピーしました