農業用機械パーツメッキ加工履歴

農業用機械パーツメッキ加工履歴

「農業用機械」二又モンローシリンダーロッド再生メッキ。静岡県

先ず、二又の先端にセンター加工用に鉄板を 溶接。そして溶接後は旋盤にてロッドの両側面 にセンター加工。 両センターを芯に円筒研削盤でサビが無くなる まで下研磨加工。また下研磨で削った0.3mm 分以上にハードクロームめっきを肉盛り、 再度、円筒研磨機で仕上げ研磨を行う。 仕上がり寸法φ21.93mm 仕上がり寸法φ24.96mm 最終仕上げはサイザル仕上げまで。
農業用機械パーツメッキ加工履歴

イセキ 耕運機 摩耗しているプーリー内輪側に合わせてベアリング外径をメッキでオーバーサイズにする。久留米市

先ず、φ42±0の新品ベアリング外径のみに 肉盛り硬質クロムめっき後、バフ研磨で 寸法調整。 1個目はφ42.05mm 2個目はφ42.22mm
農業用機械パーツメッキ加工履歴

「再メッキ」油圧シリンダーロッドのメッキ再生研磨仕上げ。石川県

先ず、旋盤にて油圧シリンダーロッドの両端 に60度でセンター加工。そのセンターを芯に 円筒研削盤でサビや摩耗が無くなるまで 下研磨加工を行なう。また下研磨で削った 「-0.3mm」分以上に硬質クロムめっきを 肉盛り、再度、円筒研削盤にて仕上げ研磨 を行なう。仕上がり寸法φ55.95mm
農業用機械パーツメッキ加工履歴

農業用機械. フレールモア トラクター草刈機. 摩耗したモアシャフトのベアリング部を肉盛りメッキ加工。福岡県

外径φ30に切削加工します。仕上げ寸法から -5mm削ったことになる。そして旋盤にて 新たにスリーブ「外径φ35×50内径φ30-0.02」 の製作を行なう。このスリーブは初めに削った 外径φ30に圧入するスリーブ製作です。 スリーブの圧入は、バーナーなどでスリーブを 炙って膨張させ軸に圧入します。 圧入後は、径が若干大きくなりますので、 メッキ肉盛り分を考慮して切削。 メッキ厚50μ、研磨仕上げ。φ35±0
タイトルとURLをコピーしました