【再メッキ】KE125 インナーチューブのメッキ再生研磨仕上げ。兵庫県

ありがとう。ネット受注♪兵庫県.
オートバイ部品。カワサキ KE125.
フロントフォーク.インナーチューブ.
寸法φ31×510×570L
油漏れメッキ修理依頼。

状態
インナーチューブの表面に、下から膨れ
上がったサビがメッキ剥がれを起こして
いました。メッキ剥がれは無数にありま
した。油漏れの原因は、サビによるメッキ
剥がれだと思われます。
対策方法
硬質クロムメッキと研磨加工で再生します。
まず、インナーチューブのトップ内ネジに
治具をネジ込み、旋盤にて両センター加工。
また、その両センターを芯にまで円筒研削
盤にて錆がなくなるまで下研磨加工、
また下研磨で削った「0.3mm」分以上に、
硬質クロームメッキを肉盛り、再度、円筒
研削盤でSTDサイズに仕上げ研磨を行う。
仕上がり寸法φ30.92mm
最終仕上げのバフ研磨にてオイルシール挿入
口を丸めておく。これ重要。 
シールを組む時に角が立っているとシール
が痛みますので
。。。

カワサキ KE125 インナーチューブ
カワサキ KE125 インナーチューブ
この度は御依頼ありがとうございました。
またご縁ありましたら宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました