油圧ロッドのメッキ再生をさせて頂きました。

ありがとう。ネット受注♪石川県。
建設機械重機 油圧シリンダーロッド
寸法φ56×565×745L
状態
規格φ56-0.01〜-0.03に対して、現寸は
中央部55.30mmそして両端がφ55.70mm。
前回、処理をしたメッキ屋さんは、円筒研磨を
入れずバフ研磨とメッキで再メッキしたと思われ
ます。理由は、寸法バラバラなのと両端がダレ
てるからです。
精度が必要な修理品は、必ずメッキ研磨仕上げに
する必要がある。
対策
油圧ロッドの両端に60℃でセンター加工後、
円筒研削盤にて両センターを芯にコウバイを
合わせながら下研磨加工する。
下研磨加工した分以上にハードクロームメッキ
を(1mm以上)肉盛り、再度、円筒研削盤にて
仕上げ研磨加工を行う。
仕上がり寸法φ56-0.01
最終仕上げは鏡面研磨まで行う。

油圧ロッド メッキ再生
油圧ロッド メッキ再生

タイトルとURLをコピーしました